スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
党大会における決意表明―「世界史的な挑戦」としての維新政党 (小笠原悟)
人気ブログランキングへ
つい先日、「保守勢力の大同団結」を訴える国民運動団体は、その主催する反中共デモ行進に4千人以上が集結したと誇らしげに発表していました。加えて、その行進が支那におけるの反日デモと異なり、整然と行われたと自画自賛していました。

かつて、かの団体は外国人参政権に反対する国民運動を展開していました。外国人が参政権を行使する、つまり外国人が議会の内部に入り込み、立法活動に関与することの危険性を十分認識しています。逆に言えば、議会において政治勢力を作り、内部から変革することの重要性を認識しているはずなのです。にもかかわらず、デモで何千人集めたとか、それが三面記事でベタ扱いされたという一過性の出来事に満足してしまっています。

わが党が参議院選挙の出馬を取り止めたり、思うように党勢が拡大しないからといって、先に述べた連中の活動が盛り上がっている様子に、何らの羨ましさや焦りを感じたことはありません。そもそも、そうした運動のあり方に限界を感じたから新風に参加したからです。

今さらながら、そんな運動に政治的なうねりや変革の幻想を見出している人々を見ると、むしろ哀れみすら感じてしまいます。決まったフレーズを連呼し、自分たちは絶対的に正しいことをしているんだと信じてやまない、彼ら彼女らの狂おしいほどの純粋性をみるにつけ、私には「赤い羽根共同募金」への協力を訴える中学生と重なって見えて仕方がないのです。

これは幼少期から今に至るまで変わらない、私のシニシズムとニヒリズムによるものなのかもしれません。もともと、私は世間に対して居場所のなさを感じていました。学校に張り出される幼稚なスローガンや、マスコミが垂れ流す偽善的な情報には子供の時からうんざりしていたのですが、そうした思いは長ずるにつれて一層強くなり、成人した時点では世間との間に大きな断絶を感じるようになっていました。

既成政党による政権運営には腹が立つばかり。ならばと、その防衛策として無関心を装うことにしたのですが、内なる日本を否定できない自分がいる。そのような私にとって、維新政党・新風との出会いは必然的でした。

戦後体制を打倒しようと熱い闘志を抱きつつ、冷徹な批評眼により現実を分析し、最短距離で維新を成し遂げるため、合理的かつプラグマティックに政治を変革しようとしながらも、損得を度外視した無私の心で日々の党活動に励んでいます。

戦後体制に背を向けたアウトローが集う政党で学んだことを、プラグマティズムに影響を与えた功利主義の思想家であるジョン・スチュアート・ミルの有名な科白「満足した豚よりも不満足な人間である方が、また満足した愚か者よりも不満足なソクラテスである方がよい」をもじって言えば、「満足した抗議活動よりも不満足な選挙活動の方が、また満足した既成政党よりは不満足な維新政党である方がよい。」と表現することができるでしょう。

ですから、デモで何千人動員したとか、一議員として少なくない歳費を受け取ることには何の興味もありません。また、手っ取り早く、押っ取り刀で戦に望もうとする「真正保守」政党などという既成政党の亜流にも期待は持てず、短期的な成果が得られないからといって、「維新」政党の活動を続けることに些かの迷いもありません。

思えば開国以来、日本人はただの一度も満たされたことはありませんでした。日本的なるものを切り捨てる形で世界史的に見て輝かしい「近代化」は達成しましたが、脱亜脱欧できず、また戦後は、そういった思想自体を一切廃して経済大国になってはみたものの、ついぞ満たされることはありませんでした。

私達は今こそ過去に立ち返り、日本的なるものを取り戻すための抜本的変革をなさねばならないことは、歴史により証明されているといって差し支えがないでしょう。

ですが、65年前に築かれた戦後体制の壁はあまりに強固なようです。近頃、『三丁目の夕日』がどうしたとか昭和30年代を懐かしむ風潮があります。私にしてみれば、あれは単に、これまでのビジネスモデルが通用しなくなった戦後エリートとそれに群がっていた連中が、その先にあるイデアが存在することを知りつつも存在しないこととして、戦後体制の壁のこちら側で、かつての経済的繁栄をただ懐かしんでいるだけとしか思えません。

しかし、本来、私たち日本人は壁の向こうの1000年、いや2000年以上前に立ち返ることができるはずです。我が国は、普通の国ではありません。歴史や王朝が断絶された「普通の国」では決してありません。世界で唯一、立ち返るべき歴史を有する、「維新」の可能性を秘めた「特別な国」です。言うなれば、「維新政党」を打ち立てることは、民主主義のお手本の国でさえも果たしえない、日本人のみに与えられた特権であり、世界史的な挑戦なのです。それを実現することで私たち日本人はようやく満たされることでしょう。

先ほど、私は「不満足な維新政党である方がいい」と言いましたが、もちろん不満足な状態で終わるつもりなど毛頭ありません。私じしん、党員である前に一国民として、満足した日本人である方がいい。そのために待望される維新政党を国会内に打ち立てることをお誓い申し上げ、私の決意表明と致します。

平成22年11月13日
維新政党・新風 千葉県本部事務局長 小笠原悟
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + DECLARATION | 23:02 | comments(0) | - | pookmark |
党大会における決意表明(2)    本山貴晴
人気ブログランキングへ
党大会における決意表明(2)    本山貴晴

党同志の皆様、そしてわが維新政党・新風をご支援くださる全ての皆様に申し上げます。
奇しくも今上陛下の御代が始まって二十年、私たちはこ こに集い、ひとしく決意を新たにしています。
私たちの愛する祖国・日本を取り巻く情勢は悪化の一途を辿っていることを、心ある人 は皆知っていることでしょう。私たち日本人が、自らに降りかかる危機に対して、自らの意志と決意を持って立ち向かう能力を失ったことで、私たちは家族の生活と子供達の未来を守ることができなくなったのです。

永らく戦後日本の政治を壟断してきた自民党政権の欺瞞と腐敗に、国民はついに鉄槌を下しました。しかしその結果誕生した民主党政権は、早くも独善に基づいて強権を発動し、政治を私物化し、日本国の衰退を押し進 めようとしていることが明らかです。

そのような中、ただ私たちは少数者としての自覚を一層強くし、一人荒れ野に立って声を嗄ら す、悲哀をかこつばかりであって良いのでしょうか。
わが党を建設し、全国に同志の輪を広げ、そして党勢拡大の道半ばで斃れていった先人達 の見た夢を、私たち若い党員も同じように夢み、そして祖国日本の復活を信ずることに、いささかの疑いもありません。

人は言います。君たちの理念は、現実的ではない。
人は言います。君たちの言葉は、国民には聴こえない。
人は言います。君たちの努力は、リスが回し車で走るようなものだと。

ときに私たちは、この社会に築かれた巨大な壁と、歴史を断絶する深い溝を前にして立ち竦むことも、一度や 二度ではありません。そうやって戦列を離れ、諦めの空間に閉じこもった友人らを、私たちは知っています。
しかしそれでも、毎年新 たに多くの志ある者が、わが党に集い、憂国の憤激をともにし、力のない者はないなりに、声の小さな者は小さいなりに、いま自らにできるこ との最善を、一歩一歩確実に歩み前進する、その地道な戦いに加わる者が絶えることはありません。まさにその事実こそが、一つの真理を証明するものであるということを、私は信じます。

その真理とは、こうです。
日本は、いかな絶望に陥ろうとも、決して滅びない。滅びの淵に幾度立とうとも、何度でも何度でも甦る。この退廃の時代にあって、今日ここに集った同志があるごとく、必ずや日本民族の魂は、世界にその 存在を示すでしょう。
誰からも教えられることなく、誰からも強制されることなく、私たちは維新の理想に燃えて立ち上がった。そして同じよ うに、まだ見ぬ同志が、同じ理想を抱いて戦い始めていることを、私たちは知っています。
その理想とは何か。それは、私たち人類が天より与 えられたこの地球の豊かな資源を独占し、あるいは異民族を抑圧して独善に浸る者達による支配から全人類を解放し、誰もが自らの頭で考え、 自らの足で歩める世界を実現することに他なりません。

故に私たちは、いかに非力を自覚しようとも、絶望に打ちひしがれようとも、先 人の示した道を歩み、また新たな道を切り拓くことを止めることはありません。
そして今、時代は大きく動こうとしています。日本国民は閉塞感に喘ぎ苦しみ、そしてついにその忍耐は限界に達しようとしています。皆さんには聴こえるでしょう、この日本列島の深部から起こる地響き が大きくなるのを。

この地響きが、大変革の前兆となるのか、また新たな混乱の時代をもたらすものなのか、まだ誰も知らない。間違 いなく言えることは、いま私たちは千載一遇の好機を天から与えられているということです。

そしてこの好機は、ひとり新風にのみ与 えられたものではなく、変革者たらんことを期す全ての勢力に与えられています。
いまこの時に、名を揚げ、日本に真の独立をもたらす者は誰 なのか。それは、苦しみや喜びをより多くの国民とともにできる、誰よりも強く国民を愛し、国民を信じる新しい政党に他なりません。

そ う、私たちは国民とともに涙を流し、国民とともに怒りの声を挙げ、国民とともに歩まねばなりません。もしそれができたなら、結党以来の悲願である政党要件獲得はそう遠くない未来に達成され、またその先には、私たちが先頭に立って国政を刷新し、強い日本を世界に示すことも夢ではありません。

私は同志達とともに、この遠大な事業を進めることができることを、誇りに思います。私の願いは、私たちこそが「誰にでも わかる言葉と方法で」私たちの理想を語り、「実現可能な方法で」着実に理想を広め、一億三千万の日本国民に共感の輪を広げることです。こ れができたならば、どうしてわが身を惜しむことがあるでしょうか。どうして死を恐れることがあるでしょうか。

また歴史は教えてく れることでしょう。日本を変えれば、世界が変わる。日本がふたたび独立を決意し、困難に立ち向かう覚悟を固めたならば、その影響は世界の 果てにまで及ぶことでしょう。世界が心の奥底で、日本が甦る日を待ち望んでいることを、私たちは知らねばなりません。そして何よりも、私 たちは愛する家族、まだ見ぬ子供達の未来のために、いま
行動せねばなりません。いかなる侮りを受けようと、いかなる謗りを受けようと、自らの誇りと信念に賭けて、あらゆる苦難、あらゆる障害を乗り越え、戦いを続けなければなりません。

それこそが、日本民族の一人と しての使命を自覚した者の宿命だからです。それこそが、国家国民を救う唯一の道だからです。
私たちが天の意志に沿って道を歩むならば、必 ずや天命に導かれることでしょう。

わが維新政党・新風の勝利のために、全身全霊を尽くすことを、ここにお誓い申し上げま す。

                        平成21年11月14日
                        維新政党・新風福岡県本部
                               本山貴晴
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + DECLARATION | 13:43 | comments(0) | - | pookmark |
党大会における決意表明(1)    高倉和也
人気ブログランキングへ
私が新風に入党するきっかけとなったのは、中国共産党のチベット人に対する
弾圧でした。チベットについてインターネットなどで調べるうちに、彼らを 助
けたいと思いましたし、「対岸の火事ではない」とも思いました。

「義を見てせざるは勇なきなり。」という言葉に励まされ、デモ 行進に生まれ
て初めて参加しました。今から思い出すと自分でも驚くのですが、長野で聖火
リレーが行われた際には、夜行バスに乗って抗議活 動に参加しました。

その後も、デモに参加し続けていたのですが、そのうち段々と空しくなってき
ました。自分の目的は、チベット人 を助け、ひいては日本を守ることであるは
ずでした。けれども、チベット人の置かれた状況は何も変わりません。「自分
がやっていることは、 ただの憂さ晴らしではないのか?」そんな疑問に囚われ
ました。このままデモを続けているだけでは、何も変わらないだろうとも感じ
るように なりました。

それならば、結果が出る活動をしたい。そう思って、維新政党・新風に入党し
ました。我ながら正しい判断をしたと確信 しております。

新風に入党してからは、御皇室の尊さや歴史認識だけでなく安全保障から労働
問題まで、入党する前は思いもよらな かったことを多く勉強させて頂いていま
す。多少は知っているつもりでいたのですが、より広く、より深く知ることが
でき、とても嬉しく思い ます。

そして、こうした諸問題の根本的な原因が戦後体制そのものであることが分か
り、それを打ち破らなければならないと考えるよ うになりました。安全保障の
問題は言うまでもなく、中国共産党の少数民族弾圧に対して日本政府が強く抗
議しないのも、竹島や北方領土が奪 われたままであるのも、多くの拉致被害者
が未だに帰国できないでいるのも、今ある問題の多くが戦後政治、戦後体制に
よるものです。新風に 入党するまでは戦後体制という言葉すら知りませんでし
たが、知ったからには打ち破りたいと思います。

チベットやウイグルの弾圧に 対する抗議活動や外国人参政権に反対するデモに
参加することは今でもありますが、1年前に参加していた時とは違い、現在は
「政党要件獲 得」という実現可能で具体的な目標があることを嬉しく思います。
スローガンの「取り戻せ!国家の誇りと日本のくらし」にもある通り、戦後体
制 を打ち破り、国家の誇りと日本を取り戻すため、政党要件の獲得を精一杯お
手伝いさせて頂きたいと思います。

                         平成21年11月14日
                      維新政党・新風神奈川県本部
                           学生部長 高倉和也
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + DECLARATION | 13:41 | comments(0) | - | pookmark |

メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索