スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
「トモダチ」の正体(齋藤明)
人気ブログランキングへ
アメリカ軍の特殊部隊がビン・ラディンを殺した。宿敵を倒したと大喜びしているアメリカの様子を、我が国のマスコミは無批判に垂れ流している。

おかしいじゃないか。他の主権国家の領土内で勝手に軍事行動を展開し、自国民でない者を殺害したアメリカの行動に正当性など全く無いし、見つけたくとも見出せない。アメリカは中共などの人権侵害に激しい非難を浴びせかけている。だが、その中共でも少なくとも裁判という形式を取っている。今回の殺人は、それにも劣る蛮行である。

どうやら、ビン・ラディンには人権というものがないらしい。悪魔かモンスターとでも考えているのだろう。「悪魔には(当然)人権など存在しない。悪魔退治のためなら少々の悪行も正当化されるはずだ。」アメリカの独善的な本質が改めて明らかになった。これからも、アメリカに「悪魔」と認定された個人・組織・国家はビン・ラディンと同じ結末を迎えるのだろう。

だからといって、アメリカを敵視したり嫌悪したりする必要はない。ただ、アメリカという「トモダチ」の性格は理解しておく必要がある。今後とも、長いお付き合いを続けていくことになるだろうから。

(さいとう・あきら)新風群馬太田支部長
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 21:28 | comments(0) | - | pookmark |
統合されぬ面白さ
『反体制右翼マガジン・デルクイ01』(相川絹二郎)
人気ブログランキングへ
『思想地図』などカラフルなゼロアカ思想誌が並ぶ一角で、黒地に銀文字の表紙を目にした。少々紙質が悪いが、却って目立つ。新たな思想誌かと手に取ると、「反体制右翼マガジン」とあり、思わず目を疑う。

とんでもない雑誌が発刊された。その名も『デルクイ』。お世辞にも洒落ていない。この雑誌の編集者は外山恒一氏である。氏は長年の極左運動を経て、今やファシストを名乗る異色の御仁だ。東京都知事選挙の政見放送における過激なパフォーマンスも記憶に新しい。高い完成度を誇る装丁と「出る杭は打たれる」から採られたと思しき安直な題名とのミスマッチも実に外山氏らしい。

そんな茶目っ気とは裏腹に、内容は硬派かつ豊富だ。 ― 保守と右翼の峻別、「大きな物語」の復権、日本主義による革命、グローバリズムへの代案、地域主義と国際主義の統合など。 ―

執筆者は一部を除けば著名な論客ではないが、彼らの現状批判は鋭い。世間で繰り返される保守・革新の議論を、根底から覆えしてしまおうと真っ向から挑んでいる。主張にしても、てんでんバラバラだ。創刊記念のトークセッションを御一読頂きたい。我が党の党員で「排害社」代表でもある金友隆幸氏をはじめ、アナルコファシスト、自由主義ファシスト、共産主義者などが壇上に並んでおり、よくも議論が噛み合っているなと思うほど。文面の刺激にまかせて読了すると、後で啓示の強烈な矛盾に眩暈を起こすので注意されたい。同人誌といえるかもしれぬが、統一感はない。その点「左右の若き異端派に贈る」という風呂敷の畳み具合は見事であり、決して統合されないところに意味がある。

折角なので、我々の立場を照射し得る3つの論文を紹介したい。まずは、ソフトタッチな国家主義がふんだんに盛り込まれた大石規雄氏の「保守≠右翼」。「右翼」を自認する大石氏は、「右翼」の経験してきた現代史を回想しつつ国民化運動の意義を問う。その上で、アジア主義のような積極的な対外姿勢や、国内の少数派を国民の立場で平等化する水平運動などに否定的な昨今の「行動する保守」ではなく、マイノリティをも「掬い上げ」る立場を強調してやまないが、その論拠は些か情緒的で曖昧な印象を受けた。

続いて、脱北者支援活動でも知られる三浦小太郎氏の文芸評論「?ファシスト?詩人?エズラ・パウンド」。アメリカに生まれ、ヨーロッパに渡ってイタリアのファシズムに共感したパウンドという詩人の存在を、私は始めて知った。三浦氏によれば、近代社会を呪詛するパウンドはファシズムに「『失われた祖 国』の回復」・「反近代と歴史への回帰」を期待していたという。このようなファシズムは、ナショナル、ひいてはエスニックな「共感」が前提となる。その一方、三浦氏はファシズムを「現在の社会体制に対するあらゆる不満分子の集合体」と規定している。そこに矛盾はないのか。このような集合体じたいは何でもありで、それらが現代的な左翼思想、例えば無宗教主義や普遍主義と結び付き、「共感」を排除する方向にも働きかねない。

また、金子宗徳氏の「グローバリズムと対峙するために……」。今や地球全体を覆い尽くそうとする国際資本主義と、その動きを後押しするグローバリズム。我が国においても、エリートの大半はグローバリズムの信奉者だ。経済活動のグローバル化という流れを否定することは不可能であるが、それによって国民の暮らしは豊かになったのか。農産物の輸入自由化しかり移民問題しかり、私たちの社会はグローバル化の痛みを受けている。グローバリズムに疑いを抱く金子氏は、「天皇を中心とする共存共栄」の実現を訴える。確かに、その通りだ。この大目標を実現すべく、我々は最良の手段を講ずる必要があろう。ただ、国民国家を確固ならしめたとして、その一国で国際資本主義に対抗することは可能か。実際の解決には課題も多い。

従来の論壇誌は、変わりばえのしない執筆者が同じような主張を繰り返すばかりで、新しい思想潮流を生む場として十分に機能していない。社会が硬直し、人々も現状維持に慣れてしまった。とはいえ、現代の社会はいい加減現状維持できなくなる。国債発行額増大や安全保障上の脅威、少子高齢化など、これまで長く変化が無かった状況と安定性が支えられなくなりつつある。そんな中、思想界に新しい動きがあれば、やがて既存の社会倫理が再編成される時期も来よう。

我が党是は日本の真の独立である。そのためには、まず旧体制に楔を打たなければならない。打てるものなら、幾つもの杭があった方が良かろう。本誌のような異色の試みが、新生日本の礎となることを願っている。

(あいかわ・けんじろう)新風福岡

『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
彩流社
¥ 1,575
(2011-02-21)

人気ブログランキングへ
| 編集部より | 22:49 | comments(0) | - | pookmark |
東北地方太平洋沖地震の報に接して(WIN編集部)
人気ブログランキングへ
昨日、三陸海岸沖を震源とする大きな地震が発生しました。詳しい状況は明らかになっていませんが、未曾有の災害であることに間違いはありません。亡くなられた方々の御冥福をお祈りすると共に、被害に遭われた方々に御見舞申し上げます。かかる非常事態を乗り越えるためにも、今こそ日本国民は団結せねばなりません。私たちも微力ではありますが、国民としての責務を果たす所存です。

平成23年3月12日
週刊WIN編集部
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 09:00 | comments(0) | - | pookmark |
【声明】中共に敗北した菅政権を許すな!
人気ブログランキングへ
中共に敗北した菅政権を許すな!

尖閣諸島周辺の日本領海内で海上保安庁の巡視船に中共漁船が衝突した事件で、那覇地検は本日、中共漁船船長を処分保留で釈放すると発表した。

菅民主党政権は主権国家としての矜持を捨て去り、中共政府の脅しに屈し卑劣な外交圧力に敗北した。戦後体制容認政権の当然の帰結である。

この結果、わが国は恫喝に屈する国家との謝ったメッセージを世界に発信しただけではなく、尖閣諸島放棄を中共に認めたに等しい行動を取つたのである。

維新政党・新風は、菅民主党政権の国家の尊厳を陥れ国家主権を放棄した屈辱外交を決して看過できない。政権担当能力の無い菅政権は即刻総辞職すべきであると勧告するものである。

平成22年9月24日 維新政党・新風

人気ブログランキングへ
| 編集部より | 07:50 | comments(0) | - | pookmark |
上海万博 粉砕! 国民大集会 《平成の興亜会議》決議文
人気ブログランキングへ
上海万博 粉砕! 国民大集会 《平成の興亜会議》決議文

本日五月一日より、上海において万国博覧会が開催される。しかし、現在の中国政府は、一党独裁下で民衆を抑圧し、チベット、ウイグル、モンゴルをはじめと する諸民族の文化文明を破壊し、しかも民族そのものを滅亡させる虐殺行為を行ってきた。しかも、その非道に対する諸民族の抵抗運動を暴力で弾圧し、今も恐 怖政治が敷かれているにもかかわらず、その事実は隠蔽され、歴史が捏造された展示が堂々と公開されているのだ。

チベット館では、『天上の チベット』という中国政府による捏造映画が放映され、改革開放政策以後、チベットが豊かになり発展しているかのような展示と上映が行われる。モンゴル館で は、中国政府による遊牧文化を破壊した行為や、一般民衆への虐殺に触れもせず、草原や砂漠がただ美しい風景として展示される。現在、中国政府による環境破 壊により、砂漠化が進んでいる現状は全く無視され、砂漠緑化に向けて中国政府が努力しているという虚偽だけが喧伝されている。新疆ウイグル館では、「シル クロード・ニュータウン」という恥知らずなテーマが掲げられ、オアシス都市の発展により多様な文化が花開いたという「オアシス文化」の宣伝が行われる。し かし、それを破壊し、信仰の自由も独自の文化も奪い、抵抗した人々を虐殺してシルクロードを支配下に置こうとしているのが今の中国政府である。

こ のような欺瞞と捏造の万博に参加することは、中国による民族弾圧、そして民族虐殺を肯定することである。世界各国は、中国の巨大な市場という幻想と拝金主 義に屈し、自由、人権、民族自決権の理念を放棄して中国捏造万博に参加しようとしている。残念ながら我が日本もまた例外ではない。中国に媚びる現民主党政 権、地方自治体、拝金主義企業家、大手マスコミはこぞってこの万博を支持、参集している。

しかし、われわれ志ある日本国民は中国政府では なく弾圧された民族の側に立つ。現在弾圧されている諸民族は、北京オリンピック前年のチベット決起、また昨年のウイグル決起に見られるように、不屈の戦い で民族自決、民族独立の精神を貫いている。
我々が彼らを見捨て、その戦いを支援しなければ、中国政府は次には台湾をそして我が日本をも事実上の支 配下に置くであろう。しかし、われわれが彼らを支援し、日本国が覚醒して、現中国政府の打倒とアジア諸民族を解放する国家意思を打ち立てるならば、そのと きは真の意味で自由で民族文化が花開く、永遠の東洋平和が打ち立てられるはずだ。

我々は上海万博の開催に抗議し、その粉砕を目指すものと して、以下を中国政府および日本政府に要求する。

1、中国政府は上海万博を直ちに捏造万博とみとめ中止せよ。
2、日本政府は上海万博への協力を直ちに停止し、日本館を閉館せよ。
3、日本政府は中国政府の諸民族弾圧に抗議するとともに、あらゆる中国の歴史捏造に断固抗議し、 アジア諸民族の復興・開放のために興亜の精神を持って決起せよ。

以上決議する。

平成二二年五月一日
 上海万博 粉砕! 国民大集会 平成の興亜会議 参加者一同


転載元:維新政党・新風 本部 お知らせ
http://shimpuoshirase.sblo.jp/article/37588500.html
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 10:42 | comments(0) | - | pookmark |
「平成の興亜会議」開かる。                  東山邦守
人気ブログランキングへ
 「平成の興亜会議」開かる。                  東山邦守

去る5月1日、ゴールデンウィーク中の土曜日にもかかわらず、250名余の人々が東京の豊島公会堂に結集した。

村田春樹国民運動委員長の司会により開会。国歌斉唱の後、政治学者の殿岡昭郎氏(東京学芸大学元助教授)が日の丸を挟む形で吊り下げられた6枚の旗について解説をされる。引き続いて、実行委員長でもある加瀬英明氏(外交評論家)が「中国は国を装った文明である」と題して講演。上海万博は中国史上初の万博ではない。実は、清朝時代の1910年に南京で行われており、その翌年には辛亥革命で清朝は滅亡している。ちょうど100年後に上海万博は開催されているが、翌年に中共が崩壊することはあるだろうかなどと、該博な知識
に基づく興味深い話をされた。

10分ほどの休憩後、殿岡氏の司会により日本・台湾・チベット・南モンゴル・南ベトナム・自由中国の代表7名がパネル・ディスカッションを行う。このような場に登壇するといふことじたいが中共政府の忌憚に触れるにもかかわらず、勇気を持って御発言頂いたことに感謝申し上げたい。各民族代表からは日本への期待と叱咤の言葉が聞かれた。彼らの声から耳を背け続けたならば、中共の魔手は日本にも及ぶのだ。私たち日本人は、彼らの思いに答えなければならぬ。

ディスカッション終了後に荒木紫帆新風婦人部長が決議文を朗読し、参加者により採択された。
 http://shimpuoshirase.sblo.jp/article/37588500.html

引き続き、鈴木信行幹事長が閉会の辞を述べる。来たる参議院選挙に東京都選挙区から出馬する鈴木幹事長の演説は満場の心を打つ。
 http://www.youtube.com/watch?v=KOd7lUjRHw0

最後に、比例区候補予定者でもある川久保勲国民運動委員長による聖寿万歳。「四方の海みなはらから」との大御心を体し奉り、弱い者イジメをして恥じることなき中共政府に対して正義の鉄槌を下さねばならない。

                   (ひがしやま・くにもり)新風京都

人気ブログランキングへ
| 編集部より | 07:38 | comments(0) | - | pookmark |
新風青年 ー来たれ、若き英雄。 維新政党・新風 全国青年部 公式サイトのご紹介!
人気ブログランキングへ
新風青年部のサイトが出来上がりました!

維新政党・新風 全国青年部 公式サイト
http://www.shimpu.jp/seinen/


政策解説、エッセイ、全国の新風青年部の動画などコンテンツは盛りだくさんです。

是非とも皆さんご覧ください!
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 01:23 | comments(0) | - | pookmark |
【党声明】天皇陛下の御誕生日を心より御祝ひ申し上げます
人気ブログランキングへ
【党声明】天皇陛下の御誕生日を心より御祝ひ申し上げます

畏くも天皇陛下におかせられましては、本日76歳の御誕生日を迎へられました。

また、本年は御即位二十年、両陛下の御大婚五十年の佳き年でもあり、誠に慶賀に堪へません。

維新政党・新風は、陛下が御降誕されたこの日を心より御祝ひ申し上げ、御皇室の弥栄を祈念致します。

                平成21年12月23日 維新政党・新風

転載元:http://sokuho.sblo.jp/article/34343540.html
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 15:46 | comments(0) | - | pookmark |
『週刊WIN』の管轄変更について
人気ブログランキングへ
 【お知らせ】『週刊WIN』の管轄変更について      週刊WIN編集部

読者の皆さまにおかれましては、本誌ご愛読、並びに日々激励のお言葉を賜り、まことにありがとうございます。

メー ルマガジン『週刊WIN』は、先の参院選前に有志による「新風応援団」発刊のメールマガジンとして創刊され、参院選後に「新風20代の会」に継承されたものが、本年4月に新風青年部管轄の党公式メールマガジンとなり今日に至りました。

そしてこのたび私たちの努力が認められ、 来週より本部広報委員会所管の公式メールマガジンに昇格することが決定致しました。本誌の発行運営につきましてはこれまで通り、維新政 党・新風全国青年部の有志が中心となって担って参りますが、より広く全国党同志の協力を得てより充実した紙面をお送りできるよう一層努力 して参ります。

皆々さまにおかれましては、これまで以上にわが維新政党・新風に対しまして、ご指導ご鞭撻と熱いご支持を賜ります よう宜しくお願い申し上げます。

平成21年11月14日  新風公式メールマガジン 『週刊WIN』編集部


人気ブログランキングへ
| 編集部より | 06:00 | comments(0) | - | pookmark |
これから訪れる戦いへ!            山本和幸
人気ブログランキングへ
先日、何気なくテレビをつけると、「“政権交代” 政治はどう変わるか」と
いうテーマで、各党一人ずつ国会議員が代表者として出演している討論番組が
放送されていました。その番組では、自民党・公明党以外の政党は皆、自民党
政権がいかに国民を蔑ろにしてきたか と訴えていました。

しかし、批判している各党の代表者の顔をよく見てみれば、共産党・社民党を
除けば、すべての党代表者がもとも と自民党の人ではありませんか。民主党政
権も、悪しき自民党政治の延長線上にあると言わざるを得ません。それは戦後
体制下の政治的思考し か出来ないからです。民主党政権でも利権や談合、族議
員といった「自民党らしさ」は政界から無くならず、姿かたちを変え、そうい
った特権 は再生産されることでしょう。

この混迷する政治に終止符を打ち、これからも誇りある歴史を作っていける国
に変革していく、戦後日 本を大転換させる「維新」という事業を牽引する政治
勢力構築がわが国には急務なのです。

あなたのその想い、その怒り、その情熱。
あ なた一人が参加しただけでも日本を大きく変える第一歩は近づきます。
明治維新の主人公は青年でした。明治維新の中心的なイデオローグであった吉
田 松陰も松下村塾を主宰し始めたころは、まだ25歳でした。
次代の維新の中心も私達青年なのです。

新風は、まだまだ若い政党です。
「世 の中が右傾化している」と報じるマスメディアもいますが、所謂「保守」
系団体の構成員・会員数は、減少の一途を辿っています。いま元気な若者がど
ん どん入っていく団体というものが新風以外のどこにあるでしょうか。

まだまだ思想的には、私を含め未熟な若者かもしれません。
しか し、熱い年配者によってフォローがなされています。

ただ支持団体の意見を永田町に伝えるのは、政党政治の在るべき姿ではありま
せ ん。新風は、利害関係抜きで、純粋に日本の将来を憂える者で組織される政
党です。

既成政党にはない、確固たる政治理念と具体的な 提案が新風にはあります。
そして、幕末の江戸幕府かのように“敵”を前に座して死を待つことしか出来
ない、既成政治に衝撃を与える「維 新」の先駆けとなる責務が若い世代にはあ
ります。

                    (やまもと・かずゆき)新風福岡
人気ブログランキングへ
| 編集部より | 12:36 | comments(0) | - | pookmark |

メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索