<< 慰霊ではなく顕彰を (来島恒宏) | main | 真の未来志向の日韓関係を (越智吾大) >>
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
人気ブログランキングへ

韓国併合から100年目を目前にして、菅内閣は日韓関係に関する首相談話を閣議決定した。

談話自体の是非については、様々なところで論じられているだろうから触れぬことにする。ここでは、李氏朝鮮が滅亡した理由について少しばかり考察したい。

李氏朝鮮を支配していたのは、王族や両班(貴族)であった。王族は国家財政を私物化し、両班は平民を搾取していた。また、彼らは一致団結することなく、他国の力を借りて権力闘争に明け暮れた。その代表例が、閔妃(高宗の皇后)と大院君(高宗の実父)である。ある時は清に、ある時は日本に、ある時はロシアにと、自派の勢力を拡大するため強国に媚び諂(へつら)った。

既得権益層が国家を私物化し、自派の権力を拡大しようと事大主義的な態度を取り続ける。これでは国家の独立が保てるわけがない。李氏朝鮮の滅亡は歴史的必然であった。

いや待てよ。現在の我が国とて同じではないか。政官財学報に巣食うエリートは国家を私物化して庶民を食い物にし、ある者はアメリカの、ある者は支那の走狗に成り下がっている。

菅首相が「歴史に対して誠実に向き合いたい」と言うのならば、李氏朝鮮を反面教師として「事大主義的発想」を否定することが何よりも重要だ。

(ほんだ・かずたか)新風京都
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + COLUMN | 10:32 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
| - | 10:32 | - | - | pookmark |
コメント
そうですね。韓国の歴史のない「明治化」日本の「李朝化」がこの65年で逆転現象になりつつあります。
北朝鮮の危機、独立をしたがための中国観の変化が現在の韓国を強くしているのでしょう。比べて日本は「同盟」と呼べるのか「米攘夷」と呼ぶのか自国で自国を守る気が有りません。
本当の歴史を教育で教える。せめて官僚になる為に一年は事実を教え込むことが必要です。キャリア制度の弊害と失敗も過去の軍人・戦後の財務官僚も犯して居る事実が有るのですから、素直に先輩のミスをミスとして教える位の度量も必要。国家を預かる地方・国の官僚には必要なことと思います。
| シコウ | 2010/08/21 3:07 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/30 8:04 PM |
コメントする









メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索