<< TPPに関するQ&A(1)(青年部TPP研究会) | main | 統合されぬ面白さ
『反体制右翼マガジン・デルクイ01』(相川絹二郎) >>
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
TPPに関するQ&A(2)(青年部TPP研究会)
人気ブログランキングへ
Q.TPP交渉では、どのようなことが話し合われるのですか?

A.TPP交渉においては関税など貿易障壁に関するものをはじめ24の作業部会(下記)が設置されています。交渉の具体的内容は公開されていませんが、外国人投資家の活動(会社の設立・取得、経営・運営、売却・処分など)に対して受入国が自国民同様の待遇を与え、政府や自治体が物品やサービスを調達する際にも差別的な処遇がなされぬよう、関連法令の調整が図られている模様です。その他、特許など知的財産を国際的に保護するための規定を定めたり、カルテルなど健全な経済競争を疎外する行為を防ぐための政策や看護師・介護福祉士など外国人労働者の受け入れなど人の移動についても議論されています。

【TPP交渉における24の作業部会】
  1.主席交渉官協議
  2.市場アクセス(工業)
  3.市場アクセス(繊維・衣料品)
  4.市場アクセス(農業)
  5.原産地規則
  6.貿易円滑化
  7.SPS(衛生植物検疫)
  8.TBT(強制規格、任意規格及び適合性評価手続)
  9.貿易救済(セーフガード等)
 10.政府調達
 11.知的財産
 12.競争政策
 13.サービス(越境サービス)
 14.サービス(金融)
 15.サービス(電気通信)
 16.サービス(一時入国)
 17.電子商取引
 18.投資
 19.環境
 20.労働
 21.制度的事項
 22.紛争解決
 23.協力
 24.分野横断的事項

Q.関税はなくなるのですか?

A.TPP加盟国どうしの物品貿易における関税は原則として撤廃されます。ただ、国内産業に対する打撃を軽減するため、物品によっては段階的撤廃が認められるかもしれません。一部品目の関税維持は認められるだろうとの報道も見られますが、その真偽は不明です

Q.通貨の独自性は維持されるのですか?

A.TPPでは通貨統合についての議論はありません。経済統合が進むEUにおいてもユーロが流通しているのは全加盟国27か国中17か国に過ぎず、イギリスにおいては従来通りポンドが流通しています。

人気ブログランキングへ
| SHIMPU + SERIES | 17:48 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
| - | 17:48 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索