<< 今だからこそ外患を警戒せよ!(齋藤明) | main | 原子力発電の出発点は軍事技術である(東山邦守) >>
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
東日本大震災雑感(川久保勲)
人気ブログランキングへ
戦後65年、アメリカの占領政策に毒されて、日本人は良き伝統精神を失ってしまったと思っていたが、どっこい日本精神は生きていた。

住民に避難の放送を続けながら波に呑まれた若き女性、半鐘を打ち鳴らしながら波に呑まれた消防隊員、避難誘導して殉職した警察官、担架がなければ遺体を背負って運ぶ若き自衛官 ― 自身を犠牲にしても職務を忠実に守る奉公の精神は失われていなかった。

避難所では乏しい物資を分け合い、暴動など起こさない。 ― 災難にあっても節度を保ち、秩序を守る。日本人の姿は世界の人々を驚かせた。

146カ国に及ぶ国々が「恩返し」と言って支援してくれた。昭和天皇の大喪に際して164カ国から元首級の弔問があったが、それに匹敵する。この大震災を通じて、日本が世界の中心国であることが図らずも顕在化した。それに相応しい国造りをすることが我々日本人の責務だ。

畏くも天皇陛下は、東京電力の計画停電が実施されなくなった後も、自主停電を御継続あそばされた。また、何度も被災地を御訪問あそばされ、国民を親しく御慰問あそばれた。天皇を戴く日本国の有り難さがここにある。

友好国と敵国もはっきりした。アメリカは「トモダチ」作戦を展開し、2万人の救援隊を投入してくれた。台湾は真っ先に救援隊を派遣してくれ、100億円以上の義捐金を寄付してくれた。これに反し、中共が送った救援隊は15人。そればかりか、東シナ海において、軍のヘリを海上自衛隊の護衛艦に異常接近させた。ロシアも支援物資を送りつつも、自衛隊の弱点を探るべく、領空侵犯を行った。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」する日本国憲法では何も守れない。現行憲法破棄、明治憲法復元改正の王道を踏まねばならない。

(かわくぼ・いさお)新風政策委員長
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + COLUMN | 22:15 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
| - | 22:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索