<< 若者たちの声を聞け!           多々良ひろと | main | 新風メルマガ発刊に寄せて      鈴木信行 >>
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
党大会・全国代議員総会報告   『週刊WIN』編集部
人気ブログランキングへ
平成21年11月14日、維新政党・新風は東京都千代田区にて党大会を開催
致た。党大会は毎年秋に全国の各都市を巡回する形 で開催されるが、参議院選
挙の前年については東京で行うことが慣例となっている。

会場の主婦会館に近づくにつれ、次なる戦いが近 いことを実感する。地下2階
のホールは、全国の地方本部から集まった代議員たちが久しぶりの再会を喜び
合い、熱気で包まれていた。

第 一部の全国代議員総会は、国歌斉唱から始まり、新風東京代表でもある鈴木
信行幹事長が、活発な議論をして来年夏の参院選につなげようと開会の辞を 述
べた。

引き続いて、議長に川久保勲本部国民運動委員を選出して議事に入る。

議題は以下の4つであった。
(1) 平成21年活動報告・会計(仮)報告
(2)党代表選挙報告
(3)平成22年活動方針案説明
(4)参議院選挙公認候補予定者紹介
(1) 平成21年活動報告・会計(仮)報告
まず初めに、この一年間の活動報告および会計報告が芦澤博之本部事務局長に
よって行われ、質疑応答が なされた後に原案通り承認された。

(2)党代表選挙報告
また、芦澤事務局長からは先日行われた党代表選挙に関する報告もあり、無 投
票当選した新風京都代表でもある魚谷哲央常任幹事会議長兼組織委員長(新風
京都代表)が満場一致で承認された。魚谷新代表は、代表を退 任して常任幹事
会議長という職に就きながら再登板することに関して、「代表が議長を兼務す
るのではなく、議長が代表を兼務している」と、 あくまでも自身が仮の代表で
あり、世代交代をこの一年間で進めていかねばならないと強調した。

(3)平成22年活動方針案説明
次 に、鈴木幹事長より説明された来年の活動方針案について議論が行われた。
各地方本部からも発議がなされるなど活発な討議がなされた後、これについ て
も原案通り承認された。

(4)参議院選挙公認候補予定者紹介
最後に、来年夏執行予定の参院選の新風公認候補予定者が全 国の同志に発表さ
れた(詳細は冒頭に記載)。再挑戦する候補者もいれば、新しい候補者もいる。
来夏の参院選では、何としてでも国会に私達 の仲間を送り込みたいという雰囲
気が会場で高まった。

南関東ブロック長でもある溝口神奈川県本部代表が閉会の辞を述べ、金友隆幸
東 京都本部広報委員の先導により新風三唱※を全国の同志とともに力強く行い、
第一部は幕を閉じた。
(※新風三唱=「新風は、力だ!勇気だ! 信念だ!」)

第二部・報告会では、党外者に向けて全国代議員総会に関する報告がなされ、
来夏の参議院選挙の候補予定者も紹介され た。

そして、神奈川県本部を代表して高倉学生部長が決意表明。政治運動へ参画し
た経緯がチベット問題であることを明かしながら、 単なる国民運動では何も変
わらず、現実的にチベット人を助け、日本国民を助けるには戦後体制を打ち破
る政党を国会に築かねばならないと同 志に呼びかけ、自らが党活動へ邁進する
決意を披露した(全文を今号に掲載)。

次に、福岡県本部を代表して本山氏が決意表明。自民 党が下野し、戦後保守の
欺瞞性が打ち破れた今こそ、変革者たる新風の好機であり、真価が問われる時
期だと出席した党員に檄を飛ばし、新風 が誰よりも強く国民を愛し、国民を信
じる新しい政党であるべきだと呼びかけた(全文を次号に掲載)。

2人とも、自らの手で政党を 作り、自分たちの仲間を国会に送り込むことこそ、
我が国を変える唯一かつ現実的な選択肢であると強調した。これは、歴史的な
瞬間になるの ではないか。その場に居合わせたことに誇りすら感じた。彼らは、
2人とも各地方本部の中核をなす20代の活動家だ。彼らが党にいることで、
自 分自身の選択が間違っていなかったと改めて確認した。

各界の著名人や地方議員など多くの来賓を代表して、結党以来毎回ご臨席賜っ
て いる講師団の小林路義先生(鈴鹿国際大学名誉教授)が挨拶された。今後の
新風に何が必要か、非常に考えさせられる内容だった(小林先生の御厚意に よ
り、加筆訂正の上で本誌に転載予定)。

第三部・記念講演では、多くの選挙運動に係わってこられた林愼平先生に『わ
が人 生』という演題でご講演頂いた。林先生の祖父、故・林平馬氏は衆議院議
員を務め、翼賛政治に反対していたそうだ。人との出会いというものを大事に
せ ねばとしみじみ感じる講演だった。

そしてその後、第四部・懇親会で、全国の同志とともに交流を広め、また深め
た。昨年以上に新た な老若男女の同志が集った。特に若者が増えたのではない
かと思う。

しかし、政治を変えるのは若者だけではない。昨今の政治に怒 り、社会を変え
ようと立ち上がる権利は、すべての国民に等しく与えられているのだ。今回の
党大会に参加して、変革の時は今であることを痛 感した。我々は一層の研鑽を
積み、溶解していく日本の将来を変えるのだ。

来年の参議院選挙は、まさにZ旗の信号文「皇国ノ興廃此 ノ一戦ニ在リ、各員
一層奮励努力セヨ」である。

維新の大事業に加わろうではないか。全国の同志たちと来夏参院選での飛躍、
す なわち政党要件獲得という結党以来の悲願を達成することを誓った。今は亡
き松村久義前代表をはじめ、維新を夢見てこの世を去った党の先達に維新へ の
第一歩を漸く踏み出せたことを報告したい。

党大会を終え、地元に戻った各地の同志もこの熱気を各地の地方本部に持ち帰
り、 来年の党大会で胸を張れる結果を提示していけるようにと誓ったはずだ。

最後になりましたが、党大会の運営に御尽力頂いた東京都本部ならび に関東ブ
ロックの同志諸兄姉、また御臨席頂いた御来賓の方々、そして支持者の皆様に
厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございまし た。

              新風公式メールマガジン「週刊WIN」編集部
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + REPORT | 09:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
| - | 09:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索