<< 新風メルマガ発刊に寄せて      鈴木信行 | main | 感謝の心を忘れずに              鈴木信行 >>
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気ブログランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
党大会における決意表明(1)    高倉和也
人気ブログランキングへ
私が新風に入党するきっかけとなったのは、中国共産党のチベット人に対する
弾圧でした。チベットについてインターネットなどで調べるうちに、彼らを 助
けたいと思いましたし、「対岸の火事ではない」とも思いました。

「義を見てせざるは勇なきなり。」という言葉に励まされ、デモ 行進に生まれ
て初めて参加しました。今から思い出すと自分でも驚くのですが、長野で聖火
リレーが行われた際には、夜行バスに乗って抗議活 動に参加しました。

その後も、デモに参加し続けていたのですが、そのうち段々と空しくなってき
ました。自分の目的は、チベット人 を助け、ひいては日本を守ることであるは
ずでした。けれども、チベット人の置かれた状況は何も変わりません。「自分
がやっていることは、 ただの憂さ晴らしではないのか?」そんな疑問に囚われ
ました。このままデモを続けているだけでは、何も変わらないだろうとも感じ
るように なりました。

それならば、結果が出る活動をしたい。そう思って、維新政党・新風に入党し
ました。我ながら正しい判断をしたと確信 しております。

新風に入党してからは、御皇室の尊さや歴史認識だけでなく安全保障から労働
問題まで、入党する前は思いもよらな かったことを多く勉強させて頂いていま
す。多少は知っているつもりでいたのですが、より広く、より深く知ることが
でき、とても嬉しく思い ます。

そして、こうした諸問題の根本的な原因が戦後体制そのものであることが分か
り、それを打ち破らなければならないと考えるよ うになりました。安全保障の
問題は言うまでもなく、中国共産党の少数民族弾圧に対して日本政府が強く抗
議しないのも、竹島や北方領土が奪 われたままであるのも、多くの拉致被害者
が未だに帰国できないでいるのも、今ある問題の多くが戦後政治、戦後体制に
よるものです。新風に 入党するまでは戦後体制という言葉すら知りませんでし
たが、知ったからには打ち破りたいと思います。

チベットやウイグルの弾圧に 対する抗議活動や外国人参政権に反対するデモに
参加することは今でもありますが、1年前に参加していた時とは違い、現在は
「政党要件獲 得」という実現可能で具体的な目標があることを嬉しく思います。
スローガンの「取り戻せ!国家の誇りと日本のくらし」にもある通り、戦後体
制 を打ち破り、国家の誇りと日本を取り戻すため、政党要件の獲得を精一杯お
手伝いさせて頂きたいと思います。

                         平成21年11月14日
                      維新政党・新風神奈川県本部
                           学生部長 高倉和也
人気ブログランキングへ
| SHIMPU + DECLARATION | 13:41 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
| - | 13:41 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









メールマガジン登録

メルマガ登録はこちら

政治ブログランキング参加中!

新風全国青年部公式twitter

記事カテゴリー

新着記事

過去記事

WINについて

QRコード

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SPONSORED LINKS

お薦め商品

お薦め商品

お薦め商品

RECENT COMMENT

  • 驚くべき実態 ― 支那人の脅威(高野義徳)
    愛国者 (11/19)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    管理者 (03/13)
  • 里見岸雄『国体に対する疑惑』を読んで (高倉和也)
    叛逆のくりぃむ (03/10)
  • 反面教師としての李氏朝鮮 (本田和隆)
    シコウ (08/21)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    猪 (07/31)
  • ある、英雄の言葉。                      本山貴晴
    通りすがり (06/08)
  • MEETING  新風青年部座談会 「私が新風に入った理由」
    ケータイ (04/08)

関連サイト

記事検索